<< 方向転換 | main | 三番目 >>

今夏と出雲

    仕事(海の支配)よりママを優先したスサノオの血を受け継いでいたオオナムチは
  ガガイモ(果実は弾ける)の舟に乗ってやって来たスクナビコナをパートナーにした。

           大汝少彦名のいましけむ 志都の石室は幾代経ぬらむ

       大汝と少彦名は志都(静)の石室(洞窟)で出雲建国計画を練った。
    山の洞窟(形が見えない)ではなく水はけのいい砂浜の洞窟(形が見える)で。
           地底に住むスサノオをはじめ大汝少彦名も闇を好む。
         底でつながる闇グループは仕事グループのように水臭くない。
     今夏の西日本は天孫族(晴れ)に国を譲った出雲族(曇りのち雨)の勝利。


スポンサーサイト

  • 2017.12.21 Thursday
  • -
  • 23:26
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM