<< 重陽と菊 | main | ラスト・マップ 〜真実を探して〜 >>

ペアの鏡

三種の神器を持たされ高天原から地上に下ったのが天照大神の孫ニニギノミコト。
天孫であることを証明する持ち物が八咫“鏡”・八尺瓊“勾玉”・天叢雲“剣”で、

岩屋に隠れた天照大神を呼び出すため思兼神の提案で用意されたのが咫鏡と八尺瓊勾玉でした。咫鏡を作ったイシコリドメ、八尺瓊勾玉をつ作ったタマノオヤ(玉祖)はニニギノミコトの従者として高天原から地上に随行しています。しかしもう一つの天叢雲剣は八をかぶった持ち物とは全く違う場面で紹介されていました。

 
鏡と勾玉は高天原を舞台にした天照大神に属するアイテムのようで、天叢雲剣は地上(出雲)で女を食い物にしていた八岐大蛇のシッポにあったもの。そのシッポをつかんで探り出したのがスサノオノミコト・・ということで天叢雲剣はスサノオノミコトに属するアイテム? しかし元々は大酒飲みの八岐大蛇が尾に内包していた剣で、三種の神器すべてにハチが関与しています。天照大神側の二つのアイテムは闇からの脱却を図るため知恵の神が指示して作らせたもの。一方スサノオノミコト側のアイテムは自分の妻となるべき女性の敵と闘い手に入れたもの。            

                 
出所を異にする三種の神器ですが、咫鏡に関して気になる事実が伝わっています。その事実とは咫鏡が完成する以前にすでに二つの鏡(日像鏡・日矛鏡)が作られていたこと。三番目の咫鏡は伊勢神宮(内宮)に祀られているということですが、一番目と二番目の鏡は現在どうなっているのか。“捨てた”の一言で済んでしまう杜撰管理体制ではないのが古代日本の美点で、二つの鏡は同じ境内に立つ二つの神社にそれぞれ祀られていました。

   
その神社というのが和歌山市秋月に鎮座する紀伊国一宮に指定されている“日前(ひのくま)神宮”と“国懸(くにかかす)神宮”。日前神宮に祀られているのが日像(ひがた)鏡、そして国懸神宮の神体が日矛(ひぼこ)鏡で、咫鏡以前に作られた二つの鏡は紀伊国で存続し守られていました。通常は消されて無きモノにされてしまうことが多い一番目と二番目の鏡が生き延びた理由は何だったのか。しかも同じ敷地(名草宮とも呼ばれている)にペアで祀られていることも不思議だし、元々この地は伊太祁曽神社の敷地だったという話も伝わっていて何やら怪しいムード。捨てるに捨てられなかった鏡が日像鏡と日矛鏡?

 
さて問題の自分の土地を追い払われた伊太祁曽神社(和歌山市伊太祈曽)ですが、祭神はスサノオノミコトの子・五十猛神(大屋毘古神)とその妹二神の樹木三神。彼らは日本に深い森を形成するため海を渡って来たスサノオノミコトの子で、全国に樹木の種を植えて回り最後は紀伊国に鎮まっています。紀伊国(木国)といえば地上で二回も八十神に殺されたオオサムチが根国を訪問する際の入口になっていた国でした。紀伊国を管理する五十猛神とつながっているのが根国で、一番目と二番目の鏡はもしかして出雲国に属するいつも一緒の大切なペア鏡だった? 


スポンサーサイト

  • 2018.10.19 Friday
  • -
  • 22:29
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM