パカル王

            
      パレンケで眠っていたパカル王は翡翠の仮面をつけ耳栓をしていた。
                  金(黄)より翡翠(緑)。 
         嘘が多い人の話に耳を貸さないパカル王は安全だった。                          

勘違い

       アステカ帝国の民は自国の支配者に殺される (生贄) 恐怖を抱いていた。
             国の方針 (太陽の再生) より自分の命が大事。
                 そう考えたアステカの民意は
         来訪者コルテスを救世主 (ケツァルコアトル) に結びつける。
        両者の出会いは偶然の一致ではなくタイミング (必然) の一致。
       勘違いから生じたメキシコ (土着) とスペイン (キリスト教) の融合。
            征服国スペインをメキシコは悪魔と見なさなかった。
          実際のところアステカ帝国の滅亡でメキシコ人は救われた?

チャックモール

        太陽の出現を願って雨神チャックモールに捧げられ生者のハートは
              死んだ兵士を象徴するヘソの上に置かれた。
                  兵士は生きるために死ぬ。
             犠牲になった生者は兵士を生かすために死ぬ。

  
                    ちゃんと生きてる?


ダリア

                メキシコの国花はダリア (キク科)。
              ブルーダリア (blue dahlia) はあり得ない。
             ブルー (陰気) にならないメキシコは陽陽の国。
                  国常立神のルーツはメキシコ?    

舌先

        ウスマシンタ川 (メキシコとグアテマラの国境) 沿いにある
   ヤシュチラン遺跡の石版の一つに血を流してトリップするシーンが刻まれている。      
     
                    王にひざまずく妃。

  
        舌先にトゲのあるひもを通して血を流させ本能を呼び覚ます儀式。
         王に対する妃の思いが嘘なら閻魔大王が舌を抜く(妃は死ぬ)。
                 真実なら彼女の血で王は清められる。               

手作業

     カカオ (神の食べ物) は人の立ち入りを拒む熱帯雨林の土壌でしか育たない。  
     
         この工程なら異物が混入したまま商品になることは決してない。


球技場

           古代遺跡の建造物に球技場(V字型)というのがある。
    
          窪地になっているモンテアルバン(オアハカ州)の球技場。
    ルールは高い位置に設定されているリングに手を使わずボールを入れること。
                   となると飛ぶしかない?
            あるいは羽毛の生えた蛇になって斜面をよじ登る?  
            いずれにしても窪地の底にいる限り何も見えない。
                  勝利(V)は窪地からの脱出。
           脱出すると乾いた風と見晴らしのいい景色に出会える。

オルメカ

   マヤやアステカに影響を与えたオルメカ文明 (紀元前800年から紀元前300年) は
       人を寄せ付けないジャングル (人食いワニが生息?) で栄えた。
          いずれ訪れる高い鼻の征服者に破壊されないように。
   高温多湿の地を選んだオルメカ (ゴムの国の人) 人は巨石に低い鼻の人を刻んだ。
                   天狗にならないように。
       

              メキシコにはとうもろこし (実=種) の神がいる。
         カカオ (一つの実の中に数十個の種が入っている) の神もいる。
            神である所以は地に落ちて多くの実を結ぶ種。
     実(好まれる)は腐って悪臭を放つけれど種(捨てられる)は新たな命を育む。
           人の種(魂)が受け継がれるとき、その人は神になる。

黒い陶器

    オアハカ州コヨテペックに住むある女性の工夫で生まれた艶のある黒い陶器。 
             彼女が編み出した技術はこの地で受け継がれ、
          コヨテペックはバロネグロ(黒い陶器)の産地になった。

  
                上と下で土の成分が違うように思う。
            割れやすそうな形状なのに割れないというのがスゴイ。 
                   斬新な工夫が芸術を生む。     


calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM