垂乳根

              鵜戸神宮 (下り宮) 本殿は洞窟である。
    その内部に豊玉姫が乳房 (ハート?) を切り裂いて残したというお乳岩がある。
             妻として母としての役割を終えた豊玉姫。
       その意思 (垂乳根) は滴 (豊玉姫の涙) が落ちるお乳岩だった。

異界

       海底で出会って結婚した山幸彦と豊玉姫(海神の娘)は三年後に別れた。
              理由は山幸彦が故郷(陸地)に戻ったから。
          旦那を追って浜辺(陸と海の境界)に上陸した豊玉姫。
                  彼女にとって陸は異界。
                  山幸彦にとって海は異界。
                異界でも平気だった山幸彦に対し、
            豊玉姫(正体はワニ)は異界に適応できなかった。
                   くつー(靴)を嫌だ!
          

          山幸彦(ヒコホホデミ)の妻(豊玉姫)が海辺で出産する際、
             産屋に侵入した蟹を掃き清める話がありました。
            蟹が神聖な産屋に入ってはいけない理由は何なのか?
    蟹( crab )には・・を不愉快にさせるとか・・をだめにするという意味があり、
             神聖な場所に蟹の立ち入りは許されなかった?
            そこで登場するのが鬱陶しい蟹を掃き出す箒神。
        箒神のおかげで豊玉姫は無事男の子を出産することができました。
   しかし海を故郷にもつ母は異国の陸地で我が子を育てることができない環境にあり、
       母の代わりを務める乳母として指名されたのが玉依姫(海神の血筋)。          
           
   この乳母を祀る神社というのが愛媛県伊予郡松前町(高忍日賣神社)にありました。
            主祭神 高忍日賣大神(たかおしひめのおおかみ)
             配祀   天忍男命(あめのおしおのみこと)
                 天忍女命(あめのおしひめのみこと)
                 天忍人命(あめのおしひとのみこと)

     忍という漢字で統一されている神々のルーツは従属を余儀なくされた海幸彦?
                 熱帯の海域で発生する台風の多さは
             陸地のばい菌を受け入れ続けた海の怒りかもしれない。              


海千山千

            持ち物が違うことで対立を余儀なくされた海幸と山幸。
              その対立要素の原因が動く海と動かない山。
             相反する海と山に関して海千山千という諺があり、
               海千山千に値する人物はずる賢いらしい。
         要するに公明正大の逆で、暗くて小さい人物が海千山千の人。
           
    海千山千の元の筋書きは海に千年山に千年住んだ蛇は龍になるというもので、
          持ち物を交換しなくても相手のことがよく分かるのかも。
                神話の世界では悪役の蛇ですが、
その蛇が海に千年山に千年住むとこの世に存在しない龍(空を舞うイメージの風)になる?
                  蛇の古名は羽羽(はは)で、
           三種の神器の一つ(草薙剣)の生みの親でもありました。
                さらにカカというのも蛇の古名。
          ハハとカカと蛇・・ 海千山千を経てケツァルコアトルになる。

            ところで海千山千と同じように使われるのが海千河千。
           海と山で持ち物が違うように海と河でも持ち物が違うよう。
                  しかし山千河千というのはない。
             海と対立するのは山と河で山河はきっと一つのもの。


水を制すると・・・

        人間が築き上げた文明社会を終わらせるため神が用いたものは水。
  ノアの方舟を初めとして世界各地で語り継がれてきたこの世の崩壊は洪水物語でした。
           神であることの証明は水を制することができるかどうか。

日本では洪水に関する話は伝わっていませんが、水を制するという点に注目するとイザナギ&イザナミ夫婦の八番目に生まれた海の神で水の支配者である大綿津見神(古事記にだけ出てくる))が洪水を引き起こす鍵を握っていると考えられる。しかし不自然なことに大綿津見神はその後の物語には登場しない。日本書紀の方は海底の宮を管理する綿津見神(豊玉彦)として登場します。後に山幸彦と結婚することになる豊玉姫が綿津見神の娘で、姉の子(ウガヤフキアエズノミコト)を養育し結婚した玉依姫もまた豊玉彦の娘でした。
          
さらに綿津見神の気になる特徴というのが意図的に海幸彦を困らせるように仕向けていること。潮の干満(月とのかかわりも深い?)を支配する潮満珠と潮干珠を山幸彦に授け、海幸彦を徹底的に痛めつけ従属させる方向に持っていこうとしています。いじめ体質が感じられる綿津見神のイメージはトコトン悪い。暴風的要素を持つスサノオノミコトが海の支配を蹴った理由はこの陰湿なネチネチ? 似たような体質の八岐大蛇とも当然のことながら相性は悪く、スサノオノミコトは女たらしの大蛇を切り刻みます。
            
冒頭で述べた洪水の話とうまく結びつかないのが日本神話に登場する水を制する者。海の最高責任者という名前の大綿津見神が人間の都合で意図的に消された神とするなら、都合のいい人間に対する怒りはジワジワ蓄積しているはず。水を制する大綿津見神が水を制する話に登場したときは時すでに遅し? 


二つでひとつ

                  人の生と死は二つでひとつ。
                桜が咲いて散るのも二つでひとつ。

      大山積神の娘だったコノハナサクヤヒメはニニギノミコトに嫁ぎ、
          同じ根のコノハナチルヒメは八島士奴美に嫁ぎます。
               八島士奴美のママになるのが
    スサノオノミコトに命を救われたクシナダヒメ(両親はともに大山積神の子)。
    近親夫婦(足名椎&手名椎)の間に生まれたのは娘ばかり八人だったことを思うと   
                大山積神グループは女系?
      そういえばイワナガヒメもサクヤヒメもチルヒメもみんな娘なんだよね。
           息子は足名椎(あしなし〜?)しか思いつかない。
      
      八人姉妹の中で唯一残されたのがクシナダヒメ(一人娘のようなもの)で、
     その一人娘とスサノオノミコトの間に生まれたのが一人息子となる八島士奴美。
  大山積神の血が濃い八島士奴美と大山積神の娘コノハナチルヒメの間に誕生するのが
                 一人息子であるのに対し、
  グループが違うニニギノミコトに嫁いだ’コノハナサクヤヒメは三人の息子のママに。
      八島士奴美以下の系譜を大国主までひも解くと子供はすべて一人っ子。
             ややこしい相続問題に巻き込まれることはないし、
               兄弟喧嘩で勝ち負けを争うこともない。

            危険な火中出産に打って出たコノハナサクヤヒメと
       同じグループなので安心できる八島士奴美に嫁いだコナハナチルヒメ。
    大山積神(山の神・海の神・潮流の神・戦闘の神)の娘という立場に立つ女性の
             極端な二面性を示しているように感じました。


阿奈波神社

火で陰部を損傷したイザナミノミコト(この段階で女を捨てた?)は黄泉国在住の醜女(八雷神)を管理していました。その醜女誕生のキッカケになったのが黄泉国を訪れ妻を取り戻そうとしていた夫イザナギの裏切り。自分に従うキレイな妻ならいいけれど、言うことを聞かない醜い妻は願い下げ? こうして住む世界を異にした二人は夫婦の絆を解消します。この夫の裏切りをキーワードにして思い出すのが大山積神の長女だった磐長姫。妹と一緒に天孫ニニギノミコトのもとに嫁いだにもかかわらず、醜女を理由に実家に送り返されるという男の不遜行為の犠牲になった姫でした。その後二度と神話に登場することなく、この世の醜い話から退場します。その結果、醜い磐長姫を祀る神社は極端に少ない。

  
      大三島の大山祇神社の境外社(阿奈波神社)に祀られているのが磐長姫。
             大山積神ファミリーのメンバーの一人なのに
 磐長姫は大山祇神社の境内(山)からはみ出し海に面した静かな場所に鎮座しています。

 
              阿奈波神社までは海岸沿いに道はありますが、
               それより向こうは道がないので進めない。
           巨大な大山祇神社に比べると余りに簡素な社なんだけれど
             ココの方がのんびりていてズット落ち着く気分。

   
              阿奈波神社から見える朱塗りの宮浦港桟橋。
                右側に見える高い山が鷲ヶ頭山かな。
    
    
            阿奈波神社に奉納されていた木彫りの男根たち。

  
          飾りのない磐長姫を象徴するような本殿丸見えの拝殿。
           飾りのないスッピン女性は男の目から見ると醜い?
       そんな素姫を追い出したニニギノミコトは天照大神の直系でした。


古城島の古城

   
          大三島の東岸から泳いで渡れそうな距離にある古城島。
      かつてこの島にはお城(甘崎城という名の水軍城)が築かれていました。
                 現在は無人島の古城島ですが、
           城があったということは住める島だったのですね。
  
                
               隣接する大中小三島合わせて古城島。
           干潮時には海が割れ大三島の東岸と砂洲でつながるので、
               モーセの気分を味わうことができます

             国宝の島とくっ付いたり離れたりする古城島。
          周囲の海面は波静かで、すぐ近くの鼻栗瀬戸とは大違い。
            船が座礁しやすいのはむしろ危険な鼻栗瀬戸より   
                 甘崎城があったこの浅瀬。
        鼻栗瀬戸リズムの延長線で航行してしまった航は間違いなく大破。
                 航海者の後悔先に立たず。


みたらしの水

   しまなみ海道の愛媛県側に属する大三島と伯方島は大三島橋で結ばれています。

     太古は一つの島だったかもしれないという気分にさせられる島の形状で、
            この二つの島の海峡(境目)はほぼ直角。

 
        この直角になっている海域に命名された名前が鼻栗瀬戸。
       潮の流れが激しくぶつかり合うことで渦が生じる危険な海域で、
            月が与える干満の差も大きいらしい。
          何故この場所が気になっているかというというと、
         大山祇神社の元宮(横殿宮)がこの近くにあったから。
    現在は大三島の山間部に祀られていて海とは縁がなそうな大山積神ですが、
      潮流をつかさどる水神の顔も併せ持つ不可解な要素もありました。
   
 また横殿宮の近くに海水の中から真水が湧き上がる『みたらしの水』というのがあり、
             大山積神と何らかのかかわりがありそう。
 海底から湧き上がる真水の勢いがもし中途半端なら途中で海水と雑じり合うはずなので、
           真水(みたらしの水)の勢いは山のようにスゴイ!
           通常、陸地を流れる淡水(川)の行き着く先は海。
         海水とイッショクタになるのが淡水の運命とするなら
                みたらしの水はかなり特殊。
   同じ液体同士なのに雑じらない勢いこそ大山積神本来の持ち味なのかもしれない。          


大山積神の別名

兄の持ち物だった釣り針を失い困っていた山幸彦の前にタイミングよく現れ、海神管轄の竜宮へ送り込んだのは塩土老翁。潮流に詳しい塩土老翁は同じグループの海幸彦よりグループの違う山幸彦に興味を示しています。時代は下り日向で結婚し穏やかな日々を送っていたイワレビコ(山幸彦の孫)の前に現れ、もっといい土地があると東征話を持ちかけたのも塩土老翁。勝負に挑み勝負に勝つことを人生のモットーにしているような別名(事勝国勝長狭命)を併せ持つ塩土老翁は負ける(捨てられる)側の立場に立たされる海幸彦や吾平津媛の前に出現することはない。   

故郷日向で蜜月時代を過ごしたイワレビコは神武天皇になるため大和を目指します。先妻(吾平津媛)を犠牲にしてでも成し遂げたかったのが大和の統治者として名を残すこと。その点、自分を養育してくれたママと結婚したウガヤフキアエズノミコト(イワレビコの父)の知名度は低く別名もない。祖父と孫は野心家という点で似ていて、女に興味を示す三代目ウガヤくんは一族の中では浮いた存在のような気がします。また男としての成功話もなく、叔母になる玉依姫と結婚したことが人生最大の出来事のよう。事勝国勝長狭命は突然都合よく出現することから想像すると男の内面に存在する人格のような気がせんでもない・・というわけで女っぽいウガヤくんの中には事勝国勝長狭命は存在しない。

話は変わって瀬戸内海に浮かぶ大三島の大山祇神社(伊予国一の宮で日本総鎮守の肩書きを持つ)を調べていて意外な事実を発見! その意外な事実とは性別不詳の大山積神の別名の一つが吾田国主事勝国勝長狭命であること。薩摩半島南西部に位置する吾田は天孫ニニギノミコトが大山積神の娘コノハナサクヤヒメ(本名・神吾田津姫)に初めて出会った場所。まさに大山積神管轄の土地(奥さんの土地)で両者が出会うようセッティングされています。 時代を遡ると出雲神話に登場していた足名椎&手名椎夫婦も大山積神の子・・ ということは出雲もまた大山積神の領土だったはず。そして大山積神管轄の土地に落ちて来たのが高天原のやっかい者だったスサノオノミコト。スサノオノミコトの妻となり八重垣の宮殿で暮らしたクシナダヒメは大山積神直系の孫ということになり、遠い神代の時代から人の世に至るまで大山積神は大きな影響力を持っていました。
                      
しまなみ海道で陸続きになるまでは船でしか行けなかった大山祇神社(愛媛県今治市大三島町宮浦)は山より海とのかかわりが深く、男の中に存在する女が大山積神? 潮流の神(塩土老翁)の顔を持つ大山積神はこの世の変革期に出現するような感じで、一定(凪)より変化(波)を求める要素がありそう。 そしてその変化をキャッチし必ず勝つように仕向けていくのが大山積神? 大山祇神社の祭礼に一人角力というのがあり、 土俵に上がるのは一力山という名の力士ひとり。一力山の相手を務めるのは目に見えない稲の精霊。誰かと競争して勝つのではなく自分の中にいる嫌いな奴に勝つのが大事。それを教えてくれるのが吾田国主事勝国勝長狭命という名の海に詳しい大山積神。 


calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM